『介護職員初任者研修』あなたに最適の仕事に就くために

働くことが大好きなのに、最近いやいや仕事をしてるあなたへ

あなたは「心の底から気持よく仕事をしたい」のに、
いつもいつもイヤイヤ仕事をしているとしたら、
それをさまたげている理由は何でしょう?

大手求人サイトがインターネットを使いある調査をしました。
サラリーマンの「退職理由のホンネ」調査です。
どんな理由が一番多かったと思いますか?

「人間関係」を理由とした退職が43%で圧倒的なトップでした。

「ああ、やっぱり」と思いましたか?それとも「意外~」かな。

「職場環境」が20%、「給与」が12%、「仕事内容」が9%、
そして「人間関係」が43%です。いかに多いかわかりますね。

もしかするとあなたがイヤな理由も「人間関係」ではないですか?

もし「人間関係」で仕事がイヤになっているなら、
あなたの人生は一変するかもしれません。

◆ある青年の物語(ストーリー)◆

これは一人の受講生の物語です。直接、本人から聞いた話です。
少し長くなってしまいますが、お読みください。

その青年は26才。高校を中退しているため、
正社員として雇ってくれるところは無く、
なんとかフリーターとして働いていました。

せめてもの救いは、実家暮らしだったため、
寝る場所と食べ物に困らなかったことです。

他の人にくらべ、動作が少し遅いためか、
コンビニの仕事も運送の仕事も職場になじめず、
その結果いつも転職を繰り返すばかり。

「このままじゃいけない!」

今から3年前の春、青年は一大決心をしました。
手元には、家族から渡された私たちのチラシが握られていました。
受講申込のあとは、開講するまで緊張で眠れなかったそうです。

「周りの人たちと打ちとけられるか」
「無視されたりしないか」

それはそうですよね。今までずっと孤独だったのですから。

いよいよ講座が始まると、苦手な勉強が追い打ちをかけます。
彼は小さい頃から勉強が大の苦手でした。
これまでは、それが「いじめ」の原因にもなっていました。

動作が遅く勉強が苦手。よくある「いじめ」のターゲットです。
しかし今回は受講回数が進むにつれて友人ができてきました。

私がこの仕事(介護のスクール)を始めたとき、
当時義務付けられていた企業実習をお願いするため、
介護事業所に電話や飛び込みの営業をしたことがあります。

異なる業界からうつってきた私にとって、
介護事業所の対応は正直『感動モノ』でした。

他では考えられないくらい誠実な対応に、
この業界に一気に惚れ込んだほどです。

「福祉という名のとおり、本当に心の優しい人が多い業界」
それが私の介護業界の第一印象です。

当時はまだ営業にスレていなかっただけかもしれません。
今は、もっとシビアなのかもしれません。

でも、人の本質が変わらないように、
業界の本質もそう変わらないと思います。

これから「介護職を目指そう」という方も、
やはり「心優しい」特質を持っている方が多いのでしょう。

彼のまわりも、少しくらい人より劣っているところがあっても、
いつも温かくそれを受け入れる人たちでした。

勉強も暗記も苦手な彼でしたが、最後まで授業についてきました。

学科試験の結果は24名のクラスで最下位の成績でしたが、
無事に修了して資格を取得することができました。

実は、私たちの一番の特徴は、
就職についてのキャリアコンサルティングにあります。

簡単に説明すると、本人の希望をしっかりとヒアリングし、
さらにそれまで指導してきた講師の意見を参考にして、
本人にピッタリと合う会社や仕事を案内することです。

私たちが行っていることは『人材紹介』とは違い、
本人と会社の間に立って細かな要望や条件をすり合わせたり、
履歴書や経歴書の中継や、電話の取次ぎなどはしません。

あくまで双方の利害がからまないフラットな立場です。

ただし会社側の情報を熟知せず、本人に正確な案内はできません。

そのため、受講生に伝えるための情報収集を目的として
80以上の介護事業法人(事業所数500以上)と業務提携
を取り交わしています。

小さな事業所から大企業までさまざまです。

もちろん提携している事業所以外への就職希望もOKです。

「近所に気になるところがあるけど、何を聞いていいか分からない」
なんていう場合も、気軽に声を掛けてもらえれば、
私たちのスタッフが、本人の代わりに問合せをしています。

「なぜそこまでするのか?」知人からよく聞かれます。それは、
『一人ひとりに最高にマッチした職場に勤めてもらうこと』
が、私たちの使命と考えているからに他なりません。

彼の場合も、正社員として就職することが当初からの希望だったので、
受講期間中に3度のキャリアコンサルティングを行いました。

有料老人ホーム、特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、
介護老人保健施設(老健)などの高齢者施設を希望です。

また「とくに自分が行きたいところは決めてない」ということで、
提携先のなかから条件面で合いそうなところを
いくつかピックアップしていきました。

通常、キャリアコンサルティングでは仕事内容、収入、
勤務体制、教育制度、人事制度、本人の適正や希望、立地などの
さまざまな点から一緒に検討していきます。

キャリアコンサルティングを何度か実施するあいだに、
いくつかの事業所を見学することもよくあるケースです。

事業所が実施するボランティア参加などとあわせ、
紙やデジタルのデータだけではなく、
実際に自分の目で見て、肌で感じることを最重視
しているので、積極的に奨めています。

ちなみにボランティアの案内や見学の案内は、
私たちが事業所とのあいだを取り持ちます。

彼の場合も「企業実習先で行った老健の雰囲気がとても良かった」
ということで、そちらに応募したところ、みごとに合格しました。

実は、彼と同じ教室で学んだ最優秀の成績の女性も、
同じ就職先の内定を勝ち取っていました。

就職後およそ3ヶ月を経過したころ、
別々に2人から話を聞く機会がありました。
それぞれに「仕事はどう?もう慣れてきた?」と聞きました。

彼女の方は、新しい仕事に慣れるまでかなり苦労をしているらしく、
受講中は考えられなかった弱音を口にしました。

「もしかしたら、彼女には合ってない職場だったかもしれない」
と思い「悩んでいるようだったら連絡をして、いつでも相談にのるよ」
と伝えておきました。

また「うち(当社)のことは、気にしないでいいから」
と付け加えたのは、なかには私たちと提携先の関係を気にして
辞めると言い出せない修了生もいるからです。

一方、彼はというと「本当に楽しい!天職です!」と、
たいへん大きな声で応えてくれました。

「おう!そうか。良かったな!」

「ハイ!ありがとうございました。」

この一言で、彼のこれから先の人生が「確かなもの」になったと
心から実感でき、正直、泣きそうになりました。

こうしたやり取りは、私たちには特別ではありません。
これまで350人以上の受講生とのやり取りのうちの一例です。

キャリアコンサルティングを希望する受講生すべてに対し、
これまで同じように対応をしてきましたし、今後も変わりません。


そのため、本人に「就職したい」という気持ちがあれば、
また無理な条件(「家から5分以内」「給与は~円以上」とか)
が無ければ、これまで100%の就職を実現しています。

しかし私たちの考えでは『就職』しておしまいではありません。
あなたに『最高にマッチした職場に勤めてもらうこと』なのです。
そう、あなたに「彼のように」なってもらうことなのです。

◆介護業界をすすめる理由◆

あなたは「介護業界は離職率が高い」って聞いたことある?
離職率は従業員が辞めていく人の割合です。

ここに厚生労働省が発表したグラフとデータがあります。

離職率・採用率の状況(P3)

最初の資料は、介護職員と産業全体との離職率と採用率の違いでます。

あまり細かく見るより、大まかなイメージをつかんで欲しいので、
資料の右側のタテに2つ並んだグラフを見てください。

グリーンの介護職に注目してみると採用率が高く、 離職率が高い業界ということがわかります。

比較のためそのグラフの24年度の数値を見てください。

採用率は、産業全体が14.8%、介護職員が23.3%
離職率は、産業全体が14.8%、介護職員が17.0%です。

たしかに介護業界の離職率は「高い」ですね。

離職率階級別にみた事業所規(P4)

それでは、次の資料を見てみましょう。

このグラフはタテが事業所の数を表しています。
上に行くほど事業所が多く、下に行くほど少ない。

そしてヨコが離職率を階級に分た分布を表しています。
右にいくほど離職率が高い事業所です。

線の種類は、事業所規模を表しています。

ここで注目です。離職率10%未満の数値を見てください。
「全事業所の割合」が46.6%となっていますね。

さきほどのグラフで産業全体の離職率が14.4%でした。

ということは介護業界は、
産業全体の離職率よりも「はるかに低い」事業所が46.6%
と半数近くあるのです。

さらに離職率階級10~15%が11.8%ですから、
10%未満の46.6%と合わせ15%未満は58.4%。
(11.8%+46.6%=58.4%)

つまり産業全体の離職率より「低い」事業所が半数以上はある
のが介護業界なのです。

なぜ、介護業界の離職率が高いかというと、
離職率30%以上の事業所が20.9%とかなり多いため、
全体の離職率が高くなっているからなのです。

離職率は、見方を変えれば「居心地の良さ」を表します。
「離職率が低い=居心地が良い」「離職率が高い=居心地が悪い」
極端な表現かもしれませんが、こういう一面があります。

つまり介護業界の特徴は、

  • 居心地の「メチャクチャ良い」事業所が半数近く
  • 居心地の「メチャクチャ良い+良い」事業所は半数以上
  • 居心地が「メチャクチャ悪い」事業所が2割ほど
ということです。

ここから導き出される非常に重要なことは、
「介護職なら自分にピッタリの職場で働ける可能性が非常に高い」
ということです。なにしろ、約50%の確率です。

単純にあなたは、2回に1回は「居心地がいい」職場に当たります。

◆「人間関係」について考える◆

ではここで43%の人が退職理由とした「人間関係」について、
あなたと一緒に考えてみましょう。

あなたが「人間関係がいい場所で働きたい」と思うことは当然です。
私も全く同感。気持ちよく快適な職場で働きたいですよね。

気持ちよく快適な職場に、良好な「人間関係」は欠かせません。
あなただけでなく、全ての人がそう思っていると思います。

ではなぜ、互いにそう思っているのに上手くいかないのか。

ここで理由を深く考えるのは、あまり得策ではありません。
「とりこし苦労」は不幸をまねくだけ。絶対にNG。
なぜなら実際に経験してみないと分からないことだからです。

ある人には合う職場が、別の人には合わない。
論理や理屈ではありません。あなたも経験しているでしょう。
時間が解決することもあるけど、解決しないこともある。

一番の得策は、キズが深くなる前に一方が身を引くことです。

そう、まさにあなたが仕事を辞めて別の仕事を考えているように。

今のあなたが考えている行動は正しいのです。

さいわい介護職には、ほかには無い旺盛な求人があります。
そして、ご覧のように居心地の良い職場が半数以上あるのです。

ほかに介護業界と同じくらい選択の余地がある業界は?
あなたは思い当たりますか?そうは無いと思います。

就職を探している人にとって、なんて恵まれた業界でしょう。

そしてここで思い出してもらいたいのが
「あなたは私たちの受講生」ということです。

どうか、私たちのキャリアコンサルティングを思い出してください。
あなたの受講が終わっても、それは終わりません。

むしろ、私たちは就職してからが始まりと考えています。

あなたは、たとえ選択をあやまってしまったとしても、
再び仕事探しの旅に出ればいいだけです。

その時には優秀な航海士として私たちが同船いたします。
何度でも何度でも、いつまでも私たちはお伴いたします。

私たちの受講生になるということは、そういうことです。

◆介護事業所の立場に立つと分かること◆

介護業界に辞める人がいくら多くても、
その職場で働く人はゼロにはなりません。

どんな職場でも、必ず働き続けている人がいるのです。

人間関係を考えたとき、どうしても自分の価値観だけで、
「良い」「悪い」と考えてしまいがちです。

でも「この環境がいい」、「ここの人間関係は問題ない」、
そう思ってる人も、実はたくさんいたりします。

当然、離職率を下げる努力は必要だと思いますが、
時には「ミスマッチだったとあきらめることも必要」と割り切ってます。

イヤイヤ働かれても、お互いに良いことは一つも無いからです。

あなたがマッチする職場を探すのと同じように、
事業所はマッチする人間を探し続けているのです。

だから、あなたも同じように気持ちの切り替えが本当に大事

あなたがもし仕事を辞めることになっても、
「また転職か~、やだなー」と落ち込まずに前だけを見て、
再び最高の職場を探さなければいけません。

そのために、あなたには私たちという味方がついているのです。

◆そもそも介護職について何も知らないんだけど◆

「介護について何も知らないけど、いったいどんな仕事なの?」
これは、簡単なようで非常にむずかしい質問です。

実際にいま介護職で働いている人でも、
表面的なことしか分かっていない人が多いのではないでしょうか。

表面的なこととは、例えば

  • 身体介護(入浴、排泄、食事、移動・移乗など)をする
  • 生活支援(料理、掃除、洗濯、買い物など)をする
  • レクリエーションやリハビリなどを行い自立度を高める
などです。

何をするかは、サービスの種類によっていろいろあるでしょう。

しかし大切なことは、何をするとしても、
介護は「人と人とのつながり」が根底にあり、
人間関係の中で実施していくサービスだ
ということです。

昨今「介護ロボット」が話題にのぼりますが、
いくらロボットが発達しても、この基本は変わりません。

そしてこれは私たち独自の考えかもしれませんが、
介護職は「あらゆる人に大きな価値を提供できる」
想像を絶するほど偉大なサービス
だということです。

大げさだと思いますか?私はそうは思いません。
ここで「重要な」質問をひとつさせてください。

あなたは、自分の死の瞬間に何を望むでしょうか?

「もっと長生きしたかった」ですか。
それとも「もっと~しておけば」でしょうか。

たぶんそうではないと思います。
それは...「ああ、いい人生だった」と思えること
ではないですか。

多くの人の人生最期の望みは『コレ』だと思います。

そしてこの望みをかなえることができる仕事が『介護職』なのです!
どうです。凄くないですか。
けっして大げさでも何でもないですよね。

これまでの長い人生でいろいろなことがあった人たち、
経済的な苦労、人間関係の不信、最愛の人との別れ、
つらいこともいろいろあったことでしょう。

介護職のあなたと接した時間は数年、数か月、数日かもしれません。
でもそれはたいていの場合、死の直前の時期なのです。

そのとき、あなたが提供する心からのサービスが、
それまでの「人生の価値を一転させる」ことすら可能なのです。

幸せな人生を送ってきた人をさらに幸せな気持ちにし、
つらい人生を送ってきた人でも幸せな気持ちにさせる。


介護職の真価はココです。他の仕事には無い最高の価値です。

お世話をする相手から、心から「ありがとう」と言われる。
介護職は、最高の気持ちを味わえる仕事だと思いませんか。

まえに『介護業界をすすめる理由』をお伝えしましたが、
本当は、これが介護職をすすめる最大の理由なのです。

◆自分は介護の仕事に向いているの?◆

あなたが日ごろから「人の役にたつ仕事がしたい」思ってるなら、
このページの発見は、あなたの「運命」だったのかもしれません。

あなたが介護の仕事に向いているかを確認するために、
質問を6つ用意しました。「イエス」「ノー」でお答えください。

  • 人の世話をするのは苦ではない、むしろ楽しいと思う
  • 笑顔がいいと言われたことがある
  • 今は自信を失ってるけど、いつか取り戻したいと思っている
  • 最近やった仕事に、あまり充実感を感じなった
  • 「ありがとう」と感謝される仕事に就きたい
  • 人の「老い」や「死」に対面する覚悟と勇気がある

いかがですか?もし「イエス」という答えが1つでもあったら、
あなたには介護職の才能が眠っている可能性があります。

あなたは介護職を真剣に検討する価値があります。

◆働いて「才能がない」とわかったときは?◆

そうですよね。もっともな問題です。
もちろん「介護職」は、全ての人に向いている仕事ではありません。

しかし仮に、あなたに「介護職」が向いていなかったとしても、
あなたは『介護職員初任者研修』という公的資格を取得し、
あなたは何も失わないばかりか、いざというときの知識と技術、
そして介護に関する確かな自信を得ることになるのです。

もし万が一、あなたの家族や近しい人が介護になったとき、
あなたは、愛する人のために多くのことを提供できる
でしょう。

それがどれほど貴重な知識・技術であるか、
たとえあなた自身が気づかなかったとしても、
まわりの人たちはみな知ることになるでしょう。

専門的な知識や技術というものは、そういうものです。

その結果としてあなたは多くの感謝の言葉と賞賛を
得ることになります。必ずそうなります。

これはとても素晴らしいことだと思いませんか。

◆介護の仕事をはじめるには◆

介護の仕事をはじめるときに、
絶対にオススメなのが『介護職員初任者研修』の資格
を取得することです。


訪問介護、住宅型有料老人ホームなどの限られた職場を除き、
実際は資格が無くても介護職には就くことができます。

それでも絶対に資格取得をオススメします。

なぜなら、あなたが『最高にマッチした職場に勤める』ことに
とても大きな影響を与えるからなのです。

ここであなたは気づかなければなりません。そう、
あなたが「良い仕事に就けるかどうか」は、
あなたの「行動」が大きく左右する
ということにです。

あなたは受け身ではいけません。それでは望みはかないません。
あなたが変われば、周囲のあなたに対する態度も変わるのです。

ここでまた厚生労働省のグラフを提示したいと思います。

2025年に向けた介護人材にかかる需給推計

介護職は2025年までに30万人が足りないと
この資料で国がはっきり明言しているのです。

介護業界は人が慢性的に不足しています。
今後しばらくそれは変わりません。

常に人が足りず忙しくて仕方のない職場を想像してみてください。
休憩も無く休日出勤を繰り返すような職場です。いかがですか?

あなたが、すでにそこで職員として働いていたとして、
そこに新人が入ってきたとしたら。どうでしょう?

その新人が、一から教えなければならない場合と、
基礎的な知識を持ち基本的な技術を身に付けている場合の違いは。

あなたなら前者の新人にどういう感情を持ちますか?

「この忙しいのに、いつ教えてあげる時間があるの。ムリっ!」
て思いませんか。正直、私も同じ気持ちになると思います。

別に彼女が悪いわけではありません。

その事業所の求人募集には「未経験者大歓迎!指導します」って
書いてあったのですから。それでもあなたはまわりの状況で
「何もできない彼女が悪い」という気持ちになってしまうものなのです。

一方、後者の新人に対してはどうでしょう。

「ちょっと、そこのAさんのシーツ交換してくれる?」
「ハイ、わかりました」
「Bさんに、食事食べさせてあげて」
「ハイ、わかりました」

彼は立派な戦力です。実は、彼も介護職は全くの未経験でした。
彼女との違いがひとつだけありました。何でしょう?

そう、彼が『介護職員初任者研修』を取得していたことです。

彼について、あなただったらどう思いますか?

「これで少しは負担が軽くなる。良かった、助かった」
というような気持ちになりませんか。

その後2人の職場の人間関係は…想像するのは簡単ですね。

私たちが『介護職員初任者研修』をオススメする理由を
おわかりいただけましたでしょうか。取得しないとダメなのです。

さらに私たちは、こうした効果をより確かなものとするために、
シーツ交換、車いすからベッドへの移乗、オムツ交換など、
いくつかある基本的な介護技術のうち少なくとも1つを
完璧にマスターするようアドバイスしています。

1つでも自信を持てる技術があることが、
今後のあなたの仕事に大きな影響を及ぼし、
職場の先輩たちに良いインパクトを与えることになります。

「こいつはデキる」、「使える新人だ」と思われるように。
第一印象の重要性は、いわれるまでもないですよね。

私たちケアアカデミーでは授業が終わったあとに、
自習をして介護技術をマスターするための時間を提供しています。

そのとき、もし講師の方々に時間の余裕があれば、
授業時間外でも貴重なアドバイスを受けることもできます。

このように、あなたが『最高にマッチした職場に勤める』ために、
私たちの一つ一つの活動すべてが後押しするのです。

◆あなたの後押しをするために、私たちが提供すること◆

  • 介護職員初任者研修…介護保険法施行令
    第3条第1号第2号に記載された研修の修了を証する公的資格

      130時間(座学82時間+実技48時間)のうち
      通信 40.5時間(通信課題を4回に分けて提出)
      通学 89.5時間(昼間は15日間、夜間は31日間)

    あなたが介護職員初任者研修で学べることは…

    (座学)
    ・介護保険法 ・介護サービスを利用するときの流れ  ・福祉制度の歴史 ・人権と尊厳の保持の重要性  ・QOL(クオリティ・オブ・ライフ) ・ノーマライゼーション  ・虐待防止、身体拘束禁止 ・個人を守る制度 ・自立支援  ・介護予防 ・介護職の役割、専門性と多職種連携  ・介護従事者の倫理 ・介護職における安全確保とリスクマネジメント  ・感染症 ・介護職の安全衛生 ・介護保険制度 ・障害  ・こころとからだ ・生活支援と住環境整備 ・ターミナルケア  ・介護過程(チームで介護にあたる計画作りとフィードバック) 

    (実技)
    ・整容(身なりを整える) ・移動 ・食事 ・入浴、清潔保持  ・排泄 ・睡眠 などです。

  • 就職を保証した無期限の無料キャリアコンサルティングの実施
  • 提携先の介護事業所(80社、500事業所以上)の見学の案内
  • 提携先の介護事業所のボランティア募集の案内
    受講期間中にイベント・ボランティアへスポット参加も可能です
  • 介護業界での起業、新規事業設立の希望者へ無料アドバイス
    実際に何人もの人が起業・新規事業のために受講されています
  • 『振り返りシート』の実施
    私たちのオリジナルシステムです。講義毎に個々の理解度を
    チェックしていきます。理解が低いところは個別にアドバイス。
    さらに授業の「要望・感想」をお聞きし、PDCAを回し
    常に講座の改善をこころがけています。
  • 実技を自習するための教室の提供
  • 介護職員初任者研修の修了試験の対策勉強会
  • 弊社が実施する他の講座に卒業生割引10%を適用
  • 教育訓練給付金などの申請を無料アドバイス
    本講座は支給対象です。各給付金についてはこちら(参照)
  • 振替受講は3回まで無料
    振替が3回を超えた場合または振替受講ができない場合は、
    別枠で補講を設定いたします。補講料は2,160円/時限です。
  • 提携の不動産会社
    「就職のために引っ越しが必要、だけど不動産屋に行くのが不安」
    というときは、お気軽のお声掛けください。安心対応いたします。
  • 提携のビジネスホテル
    「ケアアカデミーに通いたいけど、ちょっと遠い」というときは
    お気軽にお声掛けください。事前予約が必要ですが、
    徒歩10分で格安にご宿泊できるホテルをご案内できます。
  • 電子レンジ、ポットを自由に使用可
    昼食時には教室をご使用ください。ご自身でお弁当やスープを
    ご用意いただければ、温かくお召し上がりいただけます
  • 緊急時の備蓄を兼ねた冷蔵庫、温蔵庫を用意
    通常時はワンコイン(100円)で飲み物等を無人販売しています

◆受講料について◆

さて、あなたが『最高にマッチした職場に勤める』ことを実現する、
『無料キャリアコンサルティング付き介護職員初任者研修』の受講料
はいくらだと思いますか?

総時間数130時間を要し公的資格が取得できる講座に、
時間無制限のキャリアコンサルティングを受ける権利が付いて
通常、総額108,429円(消費税8%・テキスト代込)のところ、

キャンペーン料金 71,900円(消費税8%・テキスト代込)

【33%OFF、▲36,529円値引き】でご提供いたします。

あなたが思い付くかぎり、ネットで調べられるかぎりの講座が
どのくらいの料金か、ぜひ一度リサーチしてみてください。

通学が主体の講座で、これだけの時間数を要する講座の受講料が、
これほどまでに「安い」ことに、あなたは驚くことでしょう。

しかも『介護職員初任者研修』のように「使える」資格は、
他の講座ではありえないのではないでしょうか。

そして『最高にマッチした職場に勤める』ことができたあなたは、
あなたの働く意志と身体が元気でさえあれば、
何才になっても働くことができる可能性があります。

事実、私が知るかぎり「91才の男性の介護職」がいます。
その方は特別養護老人ホームに勤め、まだまだ現役です。

またもし、あなたが何も行動せず今のまま留まっていたら、
どうでしょう。想像してください。

そうです。何も変わらないのです。

ここであなたに料金の内訳・詳細を提示いたします。
この料金がいかに適正なものか、じっくりと判断してください。

(内訳)
割引料金   59,774円+4,782円(消費税8%)=64,556円
テキスト代  6,000円+ 480円(消費税8%)= 6,480円
用語集     800円+  64円(消費税8%)=  864円
 ————————————————————
合 計    66,574円+5,326円(消費税8%)=71,900円

(テキスト)
また念のため、使用するテキストについて記載いたします。
以下となります。いずれも日本医療企画が出版しています。

介護職員初任者研修テキスト 全3巻    各2,160円(税込)
介護職員初任者研修テキスト介護職員初任者研修用語集
テキスト1 介護・福祉サービスの理解
介護の職務と関連する諸制度の基礎的な知識を
事例なども用いてわかりやすく解説。
(内容)

  • 序 章 介護の職務の理解
  • 第1章 介護における尊厳の保持・自立支援
  • 第2章 介護の基本
  • 第3章 介護・福祉サービスの理解と医療との連携

テキスト2 コミュニケーション技術と老化・認知症・障害の理解
介護職として求められるコミュニケーションと
利用者の理解を深めるためにトレーニングワークや事例を通して学ぶ。
(内容)
  • 第1章 介護におけるコミュニケーション技術
  • 第2章 老化の理解
  • 第3章 認知症の理解
  • 第4章 障害の理解

テキスト3 こころとからだのしくみと生活支援技術
介護の現場で必要な基本知識と生活支援技術を豊富な図版で解説。
事例展開による演習で理解を深める。
(内容)
  • 第1章 こころとからだの基礎的理解
  • 第2章 生活支援と住環境整備
  • 第3章 こころとからだのしくみと自立に向けた介護
  • 第4章 ターミナルケア
  • 第5章 生活支援技術演習

介護職員のための重要用語集(ポケット版)   864円(税込)
介護職員初任者研修用語集

※用語集について
介護にはあまり聞くことのない専門用語がたくさんあります。
私たちは学習の理解度を高めるため最初から組み入れています。

(その他)
お支払方法について

受講料の総額(一括払いの場合)または分割の場合の初回分は、
お申込み後5日以内にお支払いのほどお願いいたします。
なお振込手数料はご負担のほどお願いいたします。

一回払いは現金、銀行振込、クレジットカード(VISA、Master)
をご利用いただけます。

■一回払い  71,900円(消費税8%、テキスト代込)

分割払いは、現金または銀行振込をご利用ください。

■2回払い 36,500円×2回 総額73,000円
■3回払い 24,500円×3回 総額73,500円

クレジットカード払いについて(VISA、Master、一回払いのみ)

SPIKE(https://spike.cc/)を利用しております。
クレジットカード明細書上の請求名は*SPIKE.CC*
もしくは*SPKCC.MTPS*と記載されます。
明細に表示される日付は、決済の処理日の影響により、
注文日と異なる場合があります。

◆保証について◆

就職100%保証
就職できるまで何度でも無料でキャリアコンサルティングいたします。
ただし、次のことを条件とさせていただきます。

  • 本人に就職の強い意志があること
  • 就職希望先が介護職であること
  • 就職の条件に優先順位を決め、就職活動に臨むこと
  • キャリアコンサルティングの日時はあなたと私たちで調整すること
  • 無理難題な条件が付されていないこと
  • 神奈川・東京都エリア
    ※ 他エリアのキャリアコンサルティングも可能です(保証外)

資格取得保証
すべての講座を受講し課題を提出したにもかかわらず、
修了試験に不合格となり資格取得できなかった場合は、
受講料を全額返金いたします。

この保証により、あなたが失うものは何も無くなります。
『介護職員初任者研修』の資格を取得するか返金を受けるかです。

◆お申込みについて◆

私たちの実施する『介護職員初任者研修』のそれぞれのコースは、
残念ながら1年に2回~3回だけの開講です。

実は、私たちは国の職業訓練「求職者支援訓練」の実施機関として、
平成23年10月に制度がはじまった当初から開講しています。

ひき続きこの求職者支援訓練を実施するとともに、
介護事業所と連携し人材の「質の向上」の研修を準備してます。

こうしたことから教室の確保ができないのです。

そのため、たとえば5月の開講を逃してしまうと、
次は翌年の1月まで開講しないといったことです。

また、そのとき定員の枠が空いているかどうかもわかりません。

今回、私たちの『介護職員初任者研修』に申込むことは、
あなたの人生の貴重な時間をもっとも有意義に使うチャンスです。

どうか見過ごさないでください。けっして後悔はさせません。

定員は各コース36名限りです。今すぐご応募ください。

募集中の各講座(開講期間・時間帯<昼or夜>)を、
こちらからご確認いただき、ご応募いただけます。

募集中の講座

市営地下鉄『新横浜駅』徒歩3分ほどにある私たちの教室で、
あなたとお会いできる日を楽しみにお待ちしております。

◆特典◆

スペシャル無料特典をご用意いたしました!

あなたに「本当に役立つものは何か」を真剣に考えました。
「自宅で実技を練習するための練習セット」
シーツ交換用フラットシーツ1枚、オムツ交換用オムツ2枚です。

「なんだ、たかだかシーツと紙オムツかよ」

という声が聞こえてきそうですが、授業が実技科目に入ると分かります。
これまでの受講生から強い要望があった2つのアイテムなのです。

フラットシーツは最近では、あまり家庭では使用されていません。
「練習用だけに用意するには、その後使わないし、もったいないから買えない」
という声が多数ありました。

また、オムツは単品では買えないので、かなり高額な買い物。
「何枚も自宅にあっても使わない。自分で買うのはちょっと…」
というように、それぞれ個人では買いづらいアイテムなんです。

この「自宅で実技を練習するための練習セット」を使って、
ぜひシーツ交換とオムツ交換を完璧にマスターしてください。

◆追伸◆

「定員が埋まってしまって、受講したコースが受けれない」、
「今回の日程がどうしてもムリ。でも受講したい」という方は、
お気軽に次回のご予約をしてください。

次回の開講のご案内を、優先的にお伝えいたします。

ご連絡は申込の画面にお進みいただき、
記載のメールアドレスまたはお電話にてお問合せください。


募集中の講座