訪問介護員という仕事

高齢者や障害者のお宅を訪問して、日常的な生活のサポートをするのが訪問介護員(ホームヘルパー)です。 利用者様のご自宅に訪問して様々なサービスを行いますが、仕事内容な主に身体介護と生活援助にわけられます。

◆身体介護と生活援助◆

身体介護とは、入浴や排泄の介助や食事の介助、洗顔や歯磨き、着替えなど、直接利用者様の身体に触れるお仕事となります。生活援助は、ご自宅の掃除や洗濯、食事の準備、買い物、衣類の整理や生活に関する相談などをしていきます。在宅の場合、施設利用者様より軽度の方が多いので、身体介護よりも生活援助が主になります。

◆訪問介護の良さ◆

利用者様の家が介護の現場となり、施設と比べて介護に必要なものが揃っているわけではありません。そのため、家の状況に合わせて介護をしていかなくてはなりません。しかし、介護の仕方を工夫するようになると、どのような状況でも介護していける、というスキルが身についてきます。 また、訪問介護では、食事の味付けやメニュー、食べる時間、家での過ごし方など、利用者様のペースや好みに合わせた対応ができます。利用者様が本当に求めている援助ができるので、利用者様にも満足してもらえますし、利用者様の満足度が上がるので介護者も大きな達成感が味わえます。

◆訪問介護員として働くためには◆

訪問介護員として働くには、訪問介護事業所に就職するほか、訪問介護事業所の登録ヘルパーとして業務に就くことになります。そのためには資格取得が必要です。 訪問介護は基本1人で行いますので、介護保険法では、訪問介護員として業務をするためには、介護福祉士の資格を取得しているか、実務者研修や初任者研修といった研修を修了して、修了証明書の交付を受ける必要があると定められています。

神奈川にあるケアアカデミーでは、介護職員初任者研修の資格取得に向けた研修を行っております。短期集中で講座が進められるので、早めの就職が目指せます。訪問介護員として働くなら、ケアアカデミーの職業訓練を受け資格を取得しておきませんか。