職業訓練

職業訓練とは

就職するために技術・技能を身に付ける必要がある場合は、職業訓練を受けることができます。気を付けていただきたいのは、職業訓練はあくまで「就職」が目的であるということ。「資格取得」や「スキルアップ」が目的の場合は、職業訓練の受講はできません。

職業訓練の種類

公共職業訓練
 雇用保険を受給中の方向けの職業訓練です。
 普通職業訓練と高度職業訓練があります。
 ハローワークの受講指示を受けて公共職業訓練を受ける場合、給付制限が解除され公共職業訓練の期間中は、雇用保険の基本手当等を受けることができ、訓練期間が所定給付日数を超える場合は給付期間が延長されます。
 また都道府県や独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が、公共職業能力開発施設以外の施設に委託する委託訓練があります。
 (公共職業訓練コースの検索について)→こちら


認定職業訓練
 事業主等が行う職業訓練です。
 都道府県知事に基準に適合し認定を受ける必要があります。
 自社または当該団体の構成する会社の従業員が対象となります。


求職者支援訓練
 雇用保険を受給できない方向けの職業訓練です。
 訓練期間が3ヶ月から6か月間です。
 就職(雇用保険加入)に必要な技能・知識を習得するための職業訓練です。
 受講料は無料(テキスト代等は自己負担)です。
 訓練を受講する特定求職者に該当する方に、訓練受講給付金の制度があります。
 (詳細は)→こちら


ケアアカデミーでは、求職者支援訓練にて「介護職員初任者研修科」「介護福祉士実務者研修科」を開講しております。