介護保険制度について

介護業界へ転職・就職したいとお考えの方もいらっしゃることでしょう。介護は大変な仕事というイメージが大きいですが、利用者様を支えるというやりがいもあります。
しかし今後介護職を目指すなら、サービス提供する一員として介護保険制度について理解しておくことは大切です。こちらでは介護保険制度について簡単にご説明したいと思います。

◆介護保険制度とは◆

高齢化社会に伴って要介護者の数が増えたこと、家族だけで介護を行うことの大変さなどから、介護保険制度が生まれました。介護が必要な人やその家族を社会全体で支えていく仕組みとなっており、利用者様が主体となって保険医療サービスや福祉サービスが受けられる制度となっています。平成12年4月から施行され、お住まいの市区町村が保険者となって制度を運営しています。

◆被保険者について◆

介護保険制度の被保険者は、65歳以上の第1号被保険者と、40歳以上64歳以下の第2号被保険者に分かれます。第1号被保険者は、市区町村による要介護認定を受けることで必要なサービスが受けられますが、第2号被保険者は、介護保険の対象となる特定疾病がある場合に介護サービスを受けることができます。40歳以上の方は毎月介護保険料を支払いますが、この保険料が介護保険サービスの運営に必要な財源となっています。

◆介護保険を利用するメリット◆

介護保険制度の最大のメリットは、これまでの福祉制度と異なり、自分で介護サービスが選択できる点です。公共機関だけでなく民間事業者も参入することで、質の高いサービスが期待できます。また、介護にかかる費用は自己負担1割だけなので、金銭的な負担がほとんどありません。

介護業界で働いてみたい」とお考えなら、ケアアカデミーにお任せください。ケアアカデミーでは、介護職員初任者研修や実務者研修の資格取得が可能です。職業訓練として受講すれば受講料無料になりますし、職業訓練受講給付金も受けることができますので、求職者の方にはとてもお得です。求職中の方は、ぜひケアアカデミーで職業訓練を受けてみませんか。