介護職員初任者研修について

介護の仕事に関連する資格は様々ですが、その中でも介護職員初任者研修は、利用者様の入浴介助や食事の補助など、日常生活に必要な事柄をサポートするために必要な知識や技術を身につけることを目的とした資格となっています。

◆介護職員初任者研修とホームヘルパーの違い◆

介護職員初任者研修はかつてのホームヘルパー2級から移行したものです。 これまでのホームヘルパー資格は介護職員基礎研修や介護福祉士といった資格と連動していなく、スキルアップをしようにもどのようなルートを通ればいいのかわかりにくいものでした。 しかし、現行の介護職員初任者研修は養成体系がシンプルになっており、初任者研修、実務者研修、介護福祉士といったシンプルなルートでステップアップが目指せるようになりました。

◆活躍できる場所◆

資格を取得すれば、特別養護老人ホームや老人保健施設、グループホーム、福祉施設など様々な介護関連施設で働けます。また、院内ヘルパーとして病院や診療所で働くことも可能ですし、ボランティアとして活躍することもできます。 また、ホームヘルパーステーションで訪問介護業務に就くこともできます。ちなみに訪問介護は資格がないとできません。このように、資格を取得しておくと様々な業務ができるようになります。 また、ホームヘルパーステーションで訪問介護業務に就くこともできます。
訪問介護は資格がないとできませんので、資格取得しておくと様々な業務ができるようになります。

◆資格を取得する方法◆

資格を取得するためには、養成学校へ通学する方法と通信と通学を併用する方法があります。実技を習得しなければなりませんので、通信だけでは取得できません。必要な授業時間を経て筆記試験に合格すれば取得することができます。

神奈川にあるケアアカデミーでは、介護職員初任者研修を取得するためのコースを設けています。未経験者の方でも、資格を取得しておけば基本的な知識が身につき仕事に役立ちますし、就職にも有利になるでしょう。 土日だけの短期集中コースと夜間コースがありますので、平日働きながらでも資格取得を目指せます。現在ハローワークで介護職を探されている方、介護業界に興味をお持ちの方は、まず資格取得を目指してみてはいかがでしょう。